橋本甜歌 過激!ヘア ヌードに挑戦現場は「羞恥プレーみたい」

“てんちむ”こと橋本甜歌が、フルヌードで挑んだ濃厚ラブシーン。「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」で、妹・美月役に抜擢された橋本甜歌が、ヘア ヌードで体当たりの演技を…




松沢まり氏による累計75万部の人気コミックを実写映画化した「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(5月17日、池袋シネマ・ロサほか全国公開)



◆橋本甜歌がヘア ヌードのラブシーンを語る。

フルヌードについててんちむは「抵抗はすごいありました。男性のスタッフがたくさんいる中、裸の私がひとりでポツーンみたいな。もう考えられなかったんです。あぁ見られてると思って、羞恥プレイのような感じでした」と明かしている。

劇中で女性同士の過激なラブシーンもあるが、それについて伊基監督は「湿度のない若いエロスがほとばしっています。その熱さを感じてもらいたい」とアピール。

過激なラブシーンについて橋本甜歌は、「女性の方とそういうことをすることってないじゃないですか。でも相手役の繭ちゃんが性格がほんとうに良くてとてもやりやすかったですね」と語り、大変だったことを「繭ちゃんは細いから、お腹引っ込める体勢がキツかったです」と振り返った。
記事参考 modelpress
posted by geino100 | 芸能人 タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。