東京女子流 バストとヒップ以外はシースルーの衣装が過激すぎる

16〜17歳の5人で構成されたアイドルグループ・東京女子流の新曲の衣装が、「過激すぎる」と話題になっている。イベントで、東京女子流が新曲を披露したのだがその衣装が過激だった。黒レースのドレスは、バストとヒップ以外はほとんどシースルー。さらに背中にはあまり布がなく、過激な…




この時の様子がニュースサイトで配信されると、ネット上では「半裸じゃん」「エロすぎる」「女子流、終わったな」「背中だけじゃなくて、ホットパンツの食い込みもエグイ」「完全にエロ路線」などの声が相次ぎ、中には「なんかショックだわ」「直視できない」と嘆く声も。

東京女子流は、水着が当たり前となっているAKB48グループなどとは違い、長くピュアさや、さわやかさで売っていただけに、今回の過激な衣装はヲタには衝撃的だったようだ。

セクシー路線で物議を醸した例といえば、最近では℃-uteが、開催中の春ツアーで過激なポールダンスを披露し、「下品すぎる」と批判が噴出。



また、6人組アイドルグループ・スマイレージも、新曲のプロモーションで肩出しのミニワンピに網タイツの衣装を披露し、過激な露出が話題に。
さらに、4月から始まったAKB48・チーム4の「アイドルの夜明け」公演では、土保瑞希の衣装のスカート丈が足りず、“見せパン”丸出しのまま踊る一幕も。

メンバーの露出については、グループごとに方針が異なるアイドル業界。東京女子流は、この先どこまでエスカレートしてしまうのだろうか?
記事参考 cyzo
posted by geino100 | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。