長崎真友子 元女子アナが大胆過激な露出で悩殺する写真集【画像】

「初めての写真集とDVDの撮影ということで、サイパンを選びました」。1st写真集MAYU」について。長崎真友子はアナウンサーのように実に滑舌よくハキハキと話すが、それもそのハズ。もともと長崎真友子は女子アナなのだ…




「“元局アナ”というカテゴリで写真集を出したのは私が初めてかもしれません(笑)。でも、私が社長にやりたいと申し出て実現したんです。というのも世間に『もうアナウンサーじゃないですよ』と知ってほしくて…」



長崎真友子 過激 画像
長崎真友子 過激 画像

大学在学中にウェザーニューズのお天気キャスターを務め、卒業後は九州の放送局でキャリアをスタート。2011年に独立したというが、なぜ長崎真友子は女子アナという輝かしいキャリアを捨てたのだろうか。

「大学時代にひとりで世界27カ国を回ったんですね。そのときに知らないことやスケールに圧倒されて、それで『世界に通じる表現者』になろうと思ったんです。私のなかでアナウンサーは、そのスケールを伝えるひとつのステップだと考えていました」

独立後、「はなまるマーケット」や「FNNスーパーニュース」でレポーターを務めたが、現在は“女優志望”。決断に迷いはなかったとか。

「女優としては今3年目です。1年に一度くらいの舞台と、あとはちょくちょくドラマに出させていただいています。女優は感情を込めて全身で伝えるのが仕事ですから、そこに難しさは感じていますが、最近ようやく実感をつかめてきた印象です」

ハキハキ話すことに加えて、思い切りのいい決断。随所に“男らしさ”すら感じるのだ。

「そうなんです。男らしいと自分でも思います。健康オタクなので体にいいものを…と自分で料理をしたり、現場に手作りクッキーを持ってきたりするんですが、基本的にはおおざっぱだし、プライベートではひとりでプロレスを見に行ったりもします(笑)」
記事参考 R25
posted by geino100 | 女子アナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。